Welcome! to my ☆笑みフォト☆

爽やかな感動をそよ風にのせてお届けいたします。

水色の花

f:id:orenzi8:20200920110145j:plain

f:id:orenzi8:20200920110158j:plain

さわやかですよね~四角豆の花。

水色なのですよ。

f:id:orenzi8:20200920110236j:plain

紅葉もこんなところもありましたよ。

気温も30度以下の日が出るようになってまいりましたし、

いよいよ秋の足音も高鳴りだしてまいりましたね。🌰

すこし、動画も作ってみましたので、宜しければご覧くださいね。

この時期に初夏とコラボなんて

f:id:orenzi8:20200913101939j:plain

チョウにピント合わせたつもりだったのですけれどね~。

でも、この時期に秋の七草の女郎花と初夏のカキツバタ

同時に見られるなんてぇ。

たしか、昨年もこの時期にカキツバタが咲いていたと思います。

二度咲きなのか狂い咲きなのか、暑さのせいで🌼

f:id:orenzi8:20200913102009j:plain

 

かわいくて涼し気で

f:id:orenzi8:20200830102329j:plain

f:id:orenzi8:20200830102343j:plain

あまりにも涼し気で可愛いので撮らずにいられませんでした。

ハイビスカスですよね、ブッソウゲって。

風鈴のようでかわいいぃぃぃって思ってたら🎐フウリンブッソウゲって

いう名前がついてました。

ブッソウゲは登場しませんけれど、少し動画も作ってみましたので

宜しければ、ご覧くださいね。

ハマユウ似の涼し気な

f:id:orenzi8:20200823102406j:plain

f:id:orenzi8:20200823102443j:plain

過日、咲くやこの花館へ行きましたら、
ハマユウ似の涼し気なお花が咲いてました。
萎れてる感はありますけれど、白くて長い花弁には
涼しさがありますよね。ハマユウよりは花弁も
少ない感じですよね。
クリナム アメリカヌム ヒガンバナ科

涼しさを呼ぶ、、、

f:id:orenzi8:20200816100304j:plain

ゲンペイカズラ(ゲンペイクサギ

[ゲンペイカズラは赤色の花と白色の萼が対照的で美しく、この対比を源氏と平氏に見立てたことが名前の由来です。

初夏から秋まで長期間開花する常緑のつる性植物で、一般にはあんどん仕立ての中型の鉢物として流通します。

葉に白斑が入った‘バリエガツム’も出回ります。室内に置けば容易に冬越しし、地上部がほとんど枯れてしまっても

また、春には勢いよく芽が出てきて復活します。]趣味の園芸より

f:id:orenzi8:20200816100319j:plain

アンスリウム(オオベニウチワ)

アンスリウムの仲間は、熱帯アメリカから西インド諸島に約600種が分布します。美しく着色するのは仏炎苞と呼ばれる

部分で、花はひも状の部分に多数つき、小さくて目立ちません。

長期間楽しめる苞を観賞する鉢花として栽培されるほか、観葉植物として楽しむ種類もあります。
花を楽しむ種類の主な原種は、アンドレアヌムで、その園芸品種は鉢物としてよく出回って

いるほか、切り花としても利用されています。

また光沢のある葉も美しく、ハワイではバレンタインデーに贈る花として人気があります。」趣味の園芸より

どちらも長居植物園の玄関にさりげなく展示してありました。

そんな様子も撮ってみましたので宜しければご覧くださいね。

虹の美しい滝に

f:id:orenzi8:20200812100834j:plain

f:id:orenzi8:20200812100850j:plain

あまりにも暑いので近くの滝にいってみると、それはもう美しい美しい虹が滝にでてましたのですよぅぅぅ。動画でも撮ってみましたので、宜しければごらんくださいね。結構キレイにとれたかなっ。暑さは少しは涼しかったですけれど、代わりに湿度が高くて蒸し暑かったように思います。